・イオニアンスケール = 「ド」から

・ドリアンスケール   = 「レ」から

・フリジアンスケール = 「ミ」から

・リィディアンスケール= 「ファ」から、ときました。


さらっと復習すると、

  ●これはメジャーコードをKeyにした時を基本としている。

  ●最初に弾いたドレミファソラシドの鍵盤をそのまま使って弾く。

             (半音の#や♭で調整しない。)

  ●レから始めたらレまで、ファから始めたらファまで行って帰ってくる音程。

 その、イメージの違う色々なな音程の並び方に、便宜上名前を付けた。

 ま、こんな感じでしょうか。

 ■マイナーKeyの場合は、ちょっとだけ関係が変わりますが、

  メジャーを知ってれば、なんとかなる場合が多いです。


    それと、ペンタトニックで十分。

       ★ペンタトニックは、また改めてページを作ります。


 ____________________________


 ■そして、


  ★「ソ」から始めて「ソ」までの音程を『ミクソリィディアン』スケール


  ★「ラ」から初めて「ラ」までは、『エオリアン』スケール


  ★「シ」から初めて「シ」までは、『ロクリアン』スケールという名前が付いています。

  ここでは、もう鍵盤は載せませんので手元にキーボ^−ドを置いて、


  実際に弾いて確かめましょう。

  ■理屈だけではどうにもならないのがこの「スケール」です。

    ★★★自分の耳と脳にしっかりと刻み込みましょう。★★★

    名前は忘れても良いです、が、「イメージ」は忘れないように!


    名前なんて、本の一つも買っておけば書いてあるので何時でも思い出せます。


       面白そうなのをひとつ持ってると便利です。 Amazonで十分OK ⇒ 


  ________________________________

 


 ■さて、それじゃこの「スケール」ってのを、『いつ』『どうやって』使うか? ですね。

   まずは、このスケールを弾く時のコードとの関係を考えます。

   ★例えば「ドリアンスケール」


    これは、「レ」から始めるスケール。


    といっても、「レ」が大事なんじゃなくて

     ★【Keyのコードを<1>としたときの<2番目の音>から始めるスケール。


     ここが肝心なトコですからね。 何回も書きますが重要のである程度クドく。。。

    だから、Key=Cの時の、「レ」が2番目ってことですよ。


  ★逆に言えば、

    どの音から始めても「そのイメージの順番」を持った音程」ならOKってことです。

  ■始めの音のアルファベットを取って「Dドリアン」とか「Fドリアン」とかで使い分け。


  ■その、ドリアンスケールはマイナーなイメージのスケールでした。

    そして、作られるコード、というか拠り所となるコードが「Dm」です。


  ( 「?えっ??? なんで?」って方、もっといろんなトコ読んでみてね・・・)

  (レから始めるのでそこが基本・ルートになって「1・3・5」と重ねるからですね)


 __________________________________


  ■まとめるとこういう事。


   ★Key=C で、 Dmが鳴ってる小節の場所で使えるスケール。


 __________________________________

   ただし!!!忘れちゃイケナイのは、


     この場合は、【D・ドリアンスケール】ってコトね。マジくどい・・・

       さて、その他はどうなんでしょうか?


       そろそろ分ってきた気がするでしょ?


 次ページで、そのあたりをざっとまとめます。


 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 6.キーボードのスケール > 「ソ」「ラ」「シ」からを一気に片付ける。