ディープ・パープルのジョンロードに代表されるキーボード。

それが「ハモンドオルガン」です。

これは、ドローバーというツマミがついていて、低音から高音までの

出したい音(強調したい音域)を調節して出すことが出来ます。

元来、オルガンというと教会などにある「パイプオルガン」のことでした。

それにも、ドローバーは付いていて曲調によって低音を出したい曲や

高音を出したい曲などの調節をしています。


■その機能を持ったものがハモンドです。

 音色としてはオルガン系の音しか出せませんが、その独特のサウンドは

 どんなジャンルにも相性が良く、ファンク系からロック・POPs系までと

 幅広く使うことができます。


 また、鍵盤のタッチはシンセサイザーと同じく軽めで、ピアノのように

 指をしっかり押さえつけなくても音が出るので楽です。


■そして、このハモンドオルガンの音をより効果的に演出するのが

  レスリーアンプというキーボードアンプ。

 

 

 これは、スピーカーを回転させるロータリーという機構が付いていて、

 うねりのあるサウンドを奏でます。


 「ハモンドとレスリーはセセットで持つ」という感じがあります。

 ちょっとスピーカー(アンプ)にしては高いかも知れませんが、一度この音を

 聴けば、「あっ!、あの曲はこの音なんだ!」と手放せなくなるはず。。。



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 3.キーボードの種類について > ハモンドオルガンは、ロックキーボーディストの憧れ?