スケールには7音ではないものもあります。

最初から全てのスケールを弾きこなすのは、ちょっと無理ですからね。


■では、7音ではなく2音減らして「5種類の音」で弾けるスケール。


  その代表的なスケールは「ペンタトニック」というもの。

   「ペンタ」とは「5」という意味です。ペンタゴンは五角形ですね。

   2は「バイ」(バイスクルは2輪車)、3は「トライ」(トライアングルは三角形)

   4は「テトラ」(テトラポットは4つの角があります)


 ■では、どのようにその「5音」を選べばいいのでしょうか?

  
   まずは、鍵盤を見てみましょう。
 
bass_keyboard_flet01.JPG

 ■一番簡単な「Key=C」で説明します。


  赤丸のドがCですね。

   これを基本として、「ド・レ・ミ・ソ・ラ」の5個の音を使います。


   4番目の「ファ」と、7番目の「シ」を抜くので

 
     【ヨナ抜き(4・7抜き)スケール】 ともいいますが、これがペンタトニック。


  その中でも、メジャーコードのKeyで使うので

   
       【メジャー・ペンタトニック】といいます。 (略して【メジャー・ペンタ】とも)

  ★また、これは『C(ド)』から始まっているので【Cのメジャー・ペンタ】です。


     ちょっと面倒ですが、詳しく説明すると


    基本の音(ルート)から、全音で進む(半音上がってまた半音上がる)音を

    3個連続「ド・レ・ミ」、いったら、次の半音の音「ファ」は飛ばして、

    その次の全音(ファの半音上のまた半音上)の音「ソ」と次の全音で進む音「ラ」の

    2個を使う。この感じが面倒ですけど慣れるとすぐ見つけられます。

  ■なので、【Dメジャー・ペンタ】を使おうとするなら、


   「レ・ミ・ファ#」と、「ソ」を飛ばして、「ラとシ」を使う。 これがDメジャー・ペンタ

   Keyが、メジャーコードの時は、このメジャーペンタを探して使いましょう。

   ほとんどの場面で、コードから外れることなく使えます。

■コードが変わるたびに、いちいちそれに対応するスケールを考えながら

  プレイするのは最初は大変なので、このペンタを使って自由に弾ける

  楽しみを味わってから、各コードに対応するスケールを練習するのが良いでしょう。


 ペンタトニックだけでも、十分に面白いフレーズやメロディーが出てきます。


  また、このペンタに囚われることなく、ペンタを基本にして自由にフレーズを


  作ってみましょう。


  ★それが意外とそれぞれのスケールになってる場合もあります。


  特に、コードが【ドミナント】た【サブドミナント】の時は、

  ペンタから外れてみる絶好のポイントです。

 ■さて、では「マイナー」の場合はどうすればいいでしょうか?


   マイナーコードは、3度が半音下がっている。

   というこはもう分ってますか?

  
   次のページでは、このマイナーコードに対応する簡単なスケールに

   挑戦しましょう。




 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 6.キーボードのスケール > スケールを限定することで、広がる世界もある。