メジャーペンタの練習は出来ましたか?

「?」って人は前のページで確認してください。 ⇒ここから

7音のスケールを最初から覚えるのは難しいので、5音にしてみました。

それによって逆に自由さが広がるのが体感できたでしょうか。


■ここでは、メジャー系では表現しきれないマイナー系のフレーズが簡単に


 作れるとっておきのスケールを練習します。


 ■いわゆる「ブルーノート」と呼ばれるスケールです。


 実際のブルーノートは1/4音(クウォータートーン)とかも含まれる

 複雑な音もあるのですが、それはさておき代表的な「5音」を覚えます。


まずは鍵盤で確認すると、、、

bass_keyboard_flet01.JPG


 メジャーペンタは、赤丸の「ド」から初めて『ド・レ・ミ・ソ・ラ』を使いました。

  (この場合は「ド」から始めるので『Cのメジャーペンタ』といいましたね)

 ■今回は、使う音はこの5音なのですが、始める音を『ラ』からにします。


  そうすると、順番としては『ラ・ド・レ・ミ・ソ』になります。


  この順番で弾くだけで、なんか「マイナーっぽい」雰囲気のメロディーです。


  なぜかといえば、『ラ』を基本としているので、【Key=A】かな?


   ってのは分りそうですが、、、


 『Aコード』の構成音は「ラ・ド#・ミ」ですが、ここでは『#』の無い「ド」


 
   ということは、『3度の音が半音下がっている』ので、、、


 コードは 【Am(Aマイナー)】かな?って気付きます。


 ★もちろん「Key=Am」の時に使えるスケール


   ってことは「Aエオリアン」? その仲間ではあるのです。、

  なのですが、これがメジャー系にも使えるんです。


  ■メジャーなのにマイナー風のコード(曲調)に聴こえるのが


     「ブルースの世界」


  このスケールは、Key=Aのブルース進行に使えるスケールです。


  ブルースで使える5音のスケールなので、


      「ブルーノート・ペンタトニック」といわれていて、


     ほとんどのブルースのメロディー・フレーズの基本になっています。

 ■Key=Cというメジャーキーの場合の「Am」が出てくる盤面でも使えるし


 ■Key=Aのブルース進行やセブンス系の曲にも使えます。

    独特の雰囲気を持っているスケールといっていいでしょう。


 あくまでも、Aメジャーとして使いたい時は、どうすればいいか?


   先ほども書きましたが、3度を「短3度」から「長3度」へ戻してやればいいので


   『ラ・ド#・レ・ミ・ソ』として使ってやればいいでしょう。

 ■でも、このスケールが全てではないので縛られてはいけません。


 ■このスケールのまず慣れてから、コード進行によって、また曲調によって

 
   「それ以外に使えそうな音」

 
  を見つけるための「道しるべ」として、フレーズやメロディーの


   「ベースになる、音の種類」


  なんだ、という感覚が必要です。

■どんなプロでも最初から複雑怪奇なメロディーを作っているわけじゃない。

 最初は、シンプルなメロディー構造から、その曲のイメージやコード進行の雰囲気


   などを見つめながら、独自の道を見つけているのです。

    (まぁ、音楽の勉強をして楽譜・譜面を自由に操れる人は別ですが)

  ■これらの「ペンタトニック」を練習するだけでもオリジナルなフレーズを


   作る出すことは十分に可能です。

   なにはともあれ、騙されたと思ってこのペンタを練習してみましょう。



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 6.キーボードのスケール > マイナー系で使える「ブルーノート」というスケールについて