キーボードというと、シンセザイザー(シンセ)のこと?

という感じですが、厳密にはキーボードは鍵盤楽器全般を指し

シンセは、その中の1種類にことです。

電子的に作られた音源を持つ楽器の総称で、最近では鍵盤すら持たないものでも

シンセと呼ばれている楽器もあるようです。

 もっと詳しくシンセを知りたいなら ⇒ 「シンセサイザーとは?」

 (E・L・Pが有名にした、ってのは知りませんでした。)


■さて、なぜシンセがキーボードの代名詞と思われているのかというと、

  その音源の幅が広く、オルガンやピアノからバイオリン・ギターなどの弦楽器

  トランペットやフルートなどの管楽器、はては鳥の鳴声・車の音、爆発音まで

  あらゆる音を作ることができるため、鍵盤楽器の音を使う場面が多いので

  「キーボード」として考えられているのでしょう。

  
★YAMAHAのシンセサイザー★

  
★KORG(コルグ)のシンセサイザー★

  
★Roland(ローランド)のシンセサイザー★

  
★その他のシンセサイザーを見てみる。★


 ■シンセサイザーの面白さは、何と言ってもその「音源」の種類の多さと、

   「自分の考えた音を作り上げることが出来る」ことです。


  以前のシンセは「正弦波」という、ホントにただ「ホーー」という音から作り上げて

  いかなければならなかったのですが、今は元音(ピアノや効果音など)を選んで

  エディット(自分の好みに加工すること)していけますし、その元音そのものも

  何十種類・何百種類もの音が内蔵されているので簡単になりました。

 ■最初のうちは、エディットの仕方も分らないでしょうから、、、、


   使っているシンセに「E・G(エンベロープ・ジェネレーター)」というのがあれば

   そこを変えていくだけで結構面白い音に変わります。

   「A・D・S・R」というツマミがあれば、そこを見ます。


   ■「A」はアタック。

     音の立ち上がりを調整します。アタックを緩くすればゆっくり音が出てきます。

     逆にすると、弾いて直ぐに音が立ち上がります。


   ■「D]はディケイ。

     弾いた後(アタックの後)、ピアノなどすこし音が小さく(沈む感じ)なります。

     ここを調整すると、アタック時の音量と沈み方の差を変えられます。


   ■「S」は、サスティーン。

     弾いている(指が鍵盤に乗っている)間の音の持続を調整します。

     ここを少なくすると、指が鍵盤に乗っていても直ぐに音は消えます。

     トランペットなど管楽器の音はこのサスティーンが少ないです。


   ■「R」はリリース。

     これは、指を離した後の音の持続を調整します。

     サスティーンとよく間違えられやすいのがコレ。

     あくまで、弾いていない・指を離した後の音の減衰の調整です。

 ■あとは、「レゾナンス」

     簡単に言ってしまえば、音のエグさを表現する場合に調整するもの。

     ここを、色々変えていくと、意外とォおしろい音になってきます。


 ■その他には、トレモロ効果やうねりを出すなど様々なツマミがあるので

   慣れてきたらいろんなツマミを調整して好みに合った音を作ります。


 ■また、「アルペジェーター」という便利な機能を搭載したものもあります。

  「アルペジオ」とは、コードや和音を、低音から高音へ順番に単音で出したり

  ランダムに単音で出したりすることで、コレを自動的にやってくれる嬉しい機能。


 ■元になる音源を「オシレータ」といっている機種もあって、しかもこれを1音ではなく

   2音を合わせて出すことが出来る機種もあります。

   そうすることで、例えば「オルガンとバイオリン」とか「トランペットとピアノ」とか

   「効果音(サイレン)と効果音(爆発音)」などを一つの鍵盤で同時に出すことも出来ます。


 ■また、同時発信音といって、一度に出せる音の数も重要なポイントになります。

   最近のシンセは、同時に124音とかもだせます。


 ■また、シンセサイザーでありながら、レコーディング機能やサンプリング機能などを

   搭載している機種もあるので、色んなメーカーのシンセのスペックをしっかり見て

   自分のやりやいこと、BANDのサウンド志向にあったシンセを見つけましょう。


  ■初心者の場合、ツマミが視覚的に分りやすいレイアウトになっているものが

    分りやすくていいでしょう。

   コレなんかがおススメです。↓
    
★Roland SH-201★


 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 3.キーボードの種類について > シンセサイザーというキーボードについて