キーボード初心者の練習は、ついつい難しいことをやろうとしがち。

でも、バンド練習での(LIVEでもそうですが、)キーボードの役割でありがたいのが


 ■「白玉」の効果。


  白玉とは?(しらたま、じゃないですよ「シロタマ」)


  いわゆる「全音符」や2分音符など、おたまじゃくしのアタマの部分が

  「白い」音符、4分音符以上の音符はアタマが黒いですね。


  ■このメリット(というか効果)は何かというと。

    途切れがちな「音と音の間の隙間を埋める」ことができます。


  ギターでもサイドギターで細かいカッティングじゃなくて「ジャラァ〜〜ン」

   と弾いて音をも伸ばすことがありますが、これと同様なわけです。

  ただ、ギターやベースなど弦楽器の場合、「思わず指を離してしまう」と

  そこでミュートがかかり音が途切れてしまいます。

 ■でも、キーボードの場合は弾いている限り音は持続しています。

   シンセなどの設定ではディケイやサスティーンが短い音源もありますが、


   その場合でも、ペダル(エクスプレッションペダル)を踏んでいれば持続しています。

 この、「音と音の隙間」ってのが練習中では意外と「シラケ」たり「ビートが崩れたり」する

 原因になって、「何かイマイチ・・・」という雰囲気にもなりかねないんですね。

 ■これを上手く埋めてくれるのが「白玉の効果」なんです。


   全ての小節を「白玉」にする必要はありませんが、練習中に途切れがちな部分や

   アレンジ上、ギターやベースは鳴っていない方が良いところ、歌の入り始めなどに

   ちょっと使ってみると便利です。


   また、全音符や2分音符までの長さは要らないけれど、ちょっと音を持続させたい

   そんな時(特にシンセ)などは、サスティーンやディケイを調節するといいでしょう。


    「何だ、それ?」ってあなたは ⇒このページを読んで確認してください。


  ■最初から難しいパッセージやフレーズは弾けないけど、アンサンブルの仲間入りを

   したいという初心者なら、この白玉効果を上手に使って入り込みましょう。


  ■単純にコードを白玉で弾いているだけでも十分なアンサンブルができます。

   そして、曲中の雰囲気を考えながら、細かく刻んだり、刻み・白玉、白玉・刻みなど

   変化を付けていくと意外と面白いポイントが見つかったりします。

 

 


 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 2.バンドとキーボードの役割 > 初心者ほどあきらめがつくキーボードの役目