YESという、これもプログレッシブ・ハードロックバンドを語るに欠かせない

バンドに所属したキーボードプレーヤーであるリック・ウェイクマン。


 YESについて詳しくは⇒ 「こちら」


 彼の基礎はクラッシク音楽にあるのですが、その演奏形態というか姿勢は

 いかにもロッカーという感じで、菜食主義を鳴物にしていたバンドにあって

 酒は飲むは、食いたい物を食うはでチャランポランという感じで、

 時には、ステージ上でカレーを食べながら演奏したりビール片手にソロを弾く

 なんてのは有名な話。


 そんな風体にあって、その演奏スタイルは世界中のファンを魅了するもの。

 特に早弾きにおいては、当時リックの右に出るものはなく垂涎の的。

 LIVEにおいてそのパフォーマンスは最高潮に達しています。

 

今ではシンセサイザーが普及しているので多種の音を1台のキーボードで出す

ことが可能ですが、それが出来ない頃は「マルチ・キーボード」といって、何台もの

キーボード(ピアノ、オルガン、クラビネット、もちろんシンセも)を自分の周りに配置

して、両手を使い様々な音を出すという事をポピュラーにした立役者です。


また、「アル中」としても有名で、何度も救急車に乗って病院送りを経験していて、

レコーディングやLIVEも危ぶまれることもあったという伝説のキーボーディスト。


自己顕示欲は強く、マスコミとの衝突も日常茶飯事でした。

音楽の月刊誌でも時々叩かれててのを今でも思い出します。


彼の音楽性の基本はピアノですが、管楽器を演奏したり管弦楽のアレンジも

学んでいることから完成されたアレンジを聞くことが出来ます。

まぁ、その辺で他のメンバーとの衝突もあったようで脱退・再加入を繰り返して

いるものそんな理由からでしょうか。

自分の参加したアルバムを「最悪」とか「意味が無い」などと扱き下ろすことも

しばしばあるほど完全主義者の面もあります。


しかし、プレイそのものは聴く物を魅了するフレーズが一杯なので、アルバムを

1枚くらい持っていてもいいでしょう。


■代表作の「ロンリーハート」はいまだにCFなどでも使われています。

 イントロ部分の「オーケストラヒット」と呼ばれる早いアルペジオは

 コードを(というよりドレミファソラシド)を一気に上下する早いパッセージ。

 これはシンセサイザーなくしてはあり得ない技術です。

 

 



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 4.ロックキーボードの大先生 > リック・ウェイクマン(YES)というキーボーディスト