コードの中で、最も多く使われるコードの一つに

   【セブンスコード・7THコード】があります。


 ■セブンスコードには2種類のセブンスがあります。


  これは、単純に言うと『コードのルートから数えて、7度目の音を足す』


  という意味ですが、単純に7番目を加えれば良いのか、というと

  そうではありません。


  詳しい理論はありますが、まぁ、半音進行を2回経過する、ということで、、、、


  面倒な理屈は抜きにして、2種類の「セブンス」について解説します。

   1、【メジャー・セブンス(Maj7とか△7と書く)】


     呼んで字の如く、メジャーの感じを残したまま、7度のテンションを足す。

     爽やか系に使われるコードで、PopsやJazz、フュージョン系に良く使われる。

     やや不安定な感じもするが、元のメジャーコードの雰囲気をそれほど変えない
 


  2、【セブンス】 単にコードネームの後に「7」を足して書くだけ。


    これは、ブルースから発生したともいわれていて、ブルージーな感じを演出。

    不安定さは、メジャーセブンスよりあり、そのため時としてマイナーコードの

    代理として使われる場合も良くある。


   また、特にドミナントコードに使う場合は「ドミナント・セブンス」と言われ、

   トニック(Keyになるコード)へ帰って来たい時に使うと、

   より 「戻って来ました感」 が出るので、殆んどの曲はドミナントセブンスが

   使われています。


  =====★さて、そのセブンスの見つけ方。★====

 ■ルート(根音)から、7度、。。。

   で、見てしまうと難しくなる(というか、こんがらがる)ので、

   簡単な方法を教えましょう。


  ★★★「メジャー・セブンス」は、ルートの半音下★★★


  ★★★「セブンス」は、そのまた半音下★★★


  例えば、「Cコード」なら、構成音が『ド・ミ・ソ』なので、

   そのルートである「ド」の半音下の音 = 【 シ 】

   を加えてやれば、Cメジャー・セブンス【C△7・Cmaj7】


     この場合、テンションは、上に足すので 【ド・ミ・ソ・+シ】が普通。

      (シ・ド・ミ・ソ、にしない、というコト。アレンジ上そうする場合は除く)

  ■ で、「Cセブンス・C7」にするには、


     今作った、メジャーセブンスの音【シ】を、半音下げた音 【シ♭】にする。

          【ド・ミ・ソ・+シ♭】 が、『C7』になる、ということです。


  ■これなら、どんなコードでも対応できます。

      
      ただし、間違えてはいけないのは、「ルートの半音下」という意味。

      「C・ド」は、半音下が、すぐ「シ」だったのでそのまま考えられます。


      が、「D・レ」だと、、、、

           半音下は「ド」ではなく【ド#】になる。ということ。


   「G」 なら、『ソ・シ・レ』 なので、


      ★ Gメジャーセブンスは、『ソ・シ・レ、+ファ#』 
      
      ★ Gセブンスが      、『ソ・シ・レ、+ファ』


        ということですね、この辺間違えないよう注意します。

 セブンスコードの性格については、コチラのページでも書きました。



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 7.キーボードの小技を少々 > キーボードコードのテンションの見つけ方、【セブンスコード・7TH】