バンドでの音のやりとり、(和音やテンションなど)は、コード・コードネームで

確認することがほとんどです。


ただ、ギターやベースは、コードをフレット位置や数字では覚えていても、

それがどんな和音なのかとか、どの音とどの音を使っているかなどは???


 それは、「フレットという指盤上の何弦か?」が分れば、とりあえず弾けて

 しまうからです。


キーボードも、最初からコードという「型」で覚える人は、音程は微妙でしょうが、

通常、「ド」の音くらいはドコかは分ると思うので、そこから辿れば分ります。

 ★例えば、『 C 』 なら 『ド・ミ・ソ』  とか、『 A 』 なら 『ラ・ド#・ミ』など。

それを、ギターやベースに伝えて、お互いに何を弾いているか理解させる。


  という役目も持っているわけです。


 しかも、両手を使うことが出来るので、低音部はベースに、高音部はギターに

 どの音を使っているのかを教えることができます。


 ■また、この両手を使えるという利点に加えて、オクターブの幅(使える音域の幅)

   が広いこともメリットです。


 ギターが弾いているコードの音域を外して弾くことで、全体の音域を広げ、

  曲のイメージを広げたり、ボーカルの歌う音域を外して「音がダンゴ」に

  なることを避けることもできます。

  
★楽天シンセサイザー・ランキングでも【KORG・X50】はダントツ!★



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 2.バンドとキーボードの役割 > キーボードはコードを視覚的に理解しやすい。