■コードがどうやって出来ているかは、だいたい分ったと思います。


  トライアドであろうが、テンションコードであろうが、

   「どれと、どれを使って、●個で音を重ねる。」


   ということは、   「見えて」いる   はずです。


 ■さて、弾いてみると、

      最初は同時に弾くでしょう。


   コードの個数はさておき、


    今、使った音たちを


   『同時に弾かないで、分散させて弾く。』


   ●分散させる順序や、

   ●高音域からか

   ●低音からか

   ●早さは同じか

   ●均等にビートを分るのか


    なんてのは、

   ★★★【 全て無視して 】★★★

   ■自分の思うままに『自由に』弾いてみます。


   ■ただ、使う音は決まっています。  素が「コード」ですからね。

   

      「コードを作った音で適当にバラバラと弾けばいい。」

   ★逆に考えると、こういうことです。


      『 使わない音も、【見えて】いる。 』

         使わない音?


    ということは、『使わなくてもイイ音』

             『避ければいい音』

             『弾かなくていい音』


              って、コトでしょ?。

   ★これ大事なポイントです。★

   たとえ、トライアドだったとしても。


  ■Key=C で 「Cコード」を弾いている時。


    コードは、「ド・ミ・ソ」 のたった3個。


    でも、キーボードの場合は、ギターと違って

    「 フォームを変えても、音が途切れない。」から、

    「高いド」や「低いド」や「低いソ」や「もっと高いミ」などを

     ★自由に足していくことができます。


 ■それらを使って、自由にフレーズを弾いてみればいい。

   これが、オリジナル曲の作曲や、ソロのフレーズの始まりなんです。

 
   そして、、、、

 ===============================

  
  ■すでに、「コード」で使った3個の音は、【スケールに含まれている】


     という事実。 

  
     当然といえば当然。  


    だけど、コードとスケールを別々で勉強した人が陥る意外と単純な穴。


    そこに、テンションノートを入れてみる。


    すると、それはどういうことか???

 

     だんだん分ってきましたね。


     次回もお楽しみに・・・


 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 5.キーボードのコード > コードでスケールを作る時の始まり。