3種類のコードという意味ではなくて、キーボードコードも


ギターでフレット違いでコードが何種類もあるように、

オクターブ違いとまでは言わないまでも、ポジション違いで3種類の

コードを「使い分けますよ。」 という意味。


コードが、基本の和音は「3種類の音で出来ている。」


ことから考えても、それぞれの音が最低音や最高音になったを思えば。


それだけで、基本コードの上に2種類、同様に下へも2種類。


上がるか下がるかだけでも3種類あることが分る。


 例えば、『 C 』の場合、


   基本コード(ルート音を最低音にする順番)は 『ド ミ ソ』

        それを「ミ」を最低音にした        『ミ ソ ド』

        同様に「ソ」を最低音にした       『ソ ド ミ』


    これらは、【 全部 C 】 ということが分っていないコトがよくある。

  それは、どのコードがKeyになっていいるかや、ボーカルの音域、

  またギターソロやキーボードソロを狙ったためかもしれない。。。

だけど、


BANDなんかキーボードがちょっと違う感覚のコードを弾くなぁ。。。


と、思っていると、それは以前のBANDのコピーやオリジナルを作った時の

コードの音の並べ方、いってみれば、

  【見た目の型】


これに差があることに気付くのが意外と遅い。


まず、自分の普段使っている「フォーム」のコードが


全部の基本で、他の人も「G」といったら、


自分と同じ「フォーム(音の順番)」で、弾いてるとは限らない。


ということを、常に心に思い出してほしいもの。


たとえこれば、キーボードだけじゃなくて、

他のパートにも言えることなのだけれど・・・・。


 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 5.キーボードのコード > キーボードもギターコードと同じようにコードは3種類