コード進行の法則?として

「サークル・オブ・フィフス」というのを知っていますか?

ベースのブログでも書きましたが、大事なことなので
ここでも再掲していおきます。

「コードの種類」は分ったとしても、

そのコード進行をどうやって作る・つなげる、ためのネタが欲しい。。。

だいたいは、ダイアトニックコードと役割が理解できれば

確率論的にも楽になります。ダイアトニックと役割についてはまた詳細に書きます


■ここでは、

  一つのコードを決めて「次にどこへ行くか」を

  一つの約束のような形で表した表を紹介します。

c_o_5th.gif

  この円は、全て「4度上へ」上がって行くコード進行を

  「順番につないでいったらどうなるか。」

  を考えて、C ⇒ F ⇒ B♭ ⇒ E♭・・・」と進んでいったら

  『元のCに戻った』 という状態を円にしたものです。


  この各コードの横の( )の中のマイナーコードは

  そのメジャーコードの代理になるマイナーコードで、

  ★対角線上のコードは、裏コードとして代理も利きます。


 ■ポイントは、あるコードを決めたら、

   その両サイドへは一番行き易い、ということです。

   「行くのも戻るもの、自然に聴こえる進行」です。

 =============================

   「隣へ飛んで、その対角線の代理マイナーへ行く。」  

  そんなことも出来る便利な表。


 これの上手な使い方や組み立てはまたアップします。

 それまでは、この表を使って進行のネタにしてみて下さい。

 必ずこの進行にしなければならないという意味ではありません。


 ■普通に(とういうか、自分にとって好きな)進行を作りながら


   ちょっと、ココでギミックが欲しい、、、とか

   お座なりじゃない転調をしてみたい、、、とか


  そんな時に思い出してください。



 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif


キーボード初心者のページTopへ > 5.キーボードのコード > コード進行の面白いネタが浮ばない時とか