Top > 6.キーボードのスケール

『6.キーボードのスケール』

スケールの考え方はどの楽器でも同じですが、

キーボードはその楽器の仕組みから、視覚的にギターやベースなどに比べ

たいへん分り易いので、初心者のキーボーディストでも要領を覚えるれば

意外と簡単に思えます。 ただ、音楽の奥深さは簡単なことから始まって

覚えていくに従って、次々に新しい発見があります。

ここでは初心者向けの解説にとどめますが、基本はしっかり書きますので

それを基にしてそれぞれのバンドでの応用に役立ててください。

キーボード初心者は、まず鍵盤の約束に慣れよう

  • スケールという言葉から、何を想像しますか?    ■何も無い?   今は、それで...

「レ」から始めるドリアンスケール

  •  まずは、鍵盤を見て下さい。  前ページでは、「ド・赤丸」から初めて、ドまで行...

「ミ」から始めると、フリジアンスケール。

  •  前ページまでの、ドリアンスケールとイオリアンスケールの違い分りましたか?  ■...

「ファ」から始める リィディアンスケール

  • 今までのページで書いているスケールは、メジャーコードをKeyにしています。 言い...

「ソ」「ラ」「シ」からを一気に片付ける。

  • ・イオニアンスケール = 「ド」から ・ドリアンスケール   = 「レ」から ・...

スケールを限定することで、広がる世界もある。

  • スケールには7音ではないものもあります。 最初から全てのスケールを弾きこなすのは...

マイナー系で使える「ブルーノート」というスケールについて

  • メジャーペンタの練習は出来ましたか? 「?」って人は前のページで確認してください...

 ■インディーズから、メジャーへ。の道を科学した。
  ★ 音楽業界攻略法   音楽業界データベースは必ず役に立つ!

 ■LIVEの集客方法で悩んでいるバンド・ユニット・アーティストへ
  ★ ライブ集客攻略法  間違った主客方法では、オーディエンスは減るだけ


 お役に立ったら ⇒banner_03.gif blu88x15_c.gif